【超必見】ペルソナの設定【方法とコツを公開】

ブログ運営
スポンサーリンク

【超必見】ペルソナの設定【方法とコツを公開】

 

悩み人
悩み人

ブログ書いてるけど、誰に向けて発信したら良いのか正直わからないや…

今日はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • ペルソナについての理解が深まる
  • ペルソナ設定のコツについて公開

ペルソナ設定を誤ると、ただの自己満記事になってしまうので注意です。

 

 

スポンサーリンク

ペルソナとは

ペルソナとは、ブログやツイッター発信する上で、対象となる架空の人物像や対象群の事をさす。

 

ブログやツイッターなどのSNSでは、ペルソナを意識した記事作成やツイートが重要です

ブログなら、ペルソナの悩みを解決する記事を書く必要があります。

例えば、iPhoneの最新情報を知りたがってるのに、iPhoneの古い情報やアンドロイドの最新情報を提供したら離脱されちゃいますよね。

 

ツイッターなら、ペルソナの共感を意識した有益ツイートを心がけます。

インフルエンサーでない限り、自分の意見や自慢話では共感は得られません。

有益情報のコツは、『○日間毎日ツイート更新したらこうなった』の様な簡単なものでじゅうぶんです。

 

 

ペルソナの設定とコツ

ペルソナ設定のコツは意外と単純です。

  • 1人に向けて発信する(年齢、性別、出身地、職業、趣味など可能な限り細かく設定する)
  • 過去の自分に向けて発信する

ペルソナ設定する際のポイントは、Q&Aサイトで悩み検索してみることです。10人くらい情報収集して共通点を絞っていきます。

また、過去の自分は最強のペルソナです。悩みに関する最善の解決策がわかっているので、使わない手はないですね。

 

 

ペルソナを意識したツイートの具体例

今回、試しにペルソナを明確にして、ペルソナを意識したツイート実験をしてみました。

 

ペルソナ(対象)  →「現役初心者ブロガー」
ペルソナへの投げかけ →「現役初心者ブロガーに聞いて欲しい」
共感提示 →「初心者ブロガーあるある」
リアクション提示 →「心当たりある人挙手して下さい」

ツイート結果↓

自分の意見だけをツイートしたものなんかだと反響0の事もザラですが、ペルソナを意識した共感ツイートでは、そこそこの好反応が得られました。

このツイートなんかは、共感と有益性の両方を備えているので、「いいね」がつきやすいです。

 

まとめ

  • ペルソナは、1人に向けてもしくは過去の自分に向けて発信する。
  • ブログでは、ペルソナの悩みを解決できる記事を作成する。
  • ツイッターでは、ペルソナの共感を意識した有益ツイートを意識する。

これでおしまいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました