【警告】新型コロナに感染するよりも恐いこと!【死んでからでは遅いですよ】

新型コロナ
スポンサーリンク

【警告】新型コロナに感染するよりも恐いこと!【死んでからでは遅いですよ】

 

ショックん
ショックん

これだけ政府が不要な外出自粛を呼びかけてるのに、マスクも着けずに出歩く人がいる…どういう神経してるんだ⁉︎

こんな疑問を深掘りします。

☑︎記事の内容

  • 新型コロナ感染するよりも恐い事実に気づくことができる

 

医療従事者として15年以上の経験がある僕が解説します。新型コロナのホントの意味での恐怖について全ての人に認識してほしくてこの記事を書いてます。

人気 【新型コロナ】ネット情報のデマに注意!

人気 【悲報】コロナでパチンコ客が増加!休業要請に応じない理由は〇〇【単純明解です】

 

スポンサーリンク

新型コロナに感染するよりも恐い事実

 
結論から言うと、
 
あなたの大切な人がコロナで死んでしまったら、死に目にあえず遺骨として戻ってきてしまう事実です。
 
これって普通のことでしょうか?
 
普通じゃないですよね。
 
想像してみてください。
 
もしも、あなたの両親や兄弟、大切な友人がコロナに感染し重篤化して亡くなってしまったとしたら…
 
 
 
 
特に家族の死に目に会えないなんて想像できますか?
 
そうなってしまった後で後悔しない自信がありますか?
 
 
 
たぶん、後悔しない人なんて一人もいないはずです。
 
 
 
コロナじゃない普通の病気とかでも、容体の急変とかで死に目に会えないなんてことはあります。
 
 
 
大抵の場合は、医師による事前告知がなされ、家族側が気持ちの整理をする時間の猶予があるはずですよね。
 
 
 
しかしながら、コロナの場合は待ったなしです。
 
 
気持ちの整理なんかする余裕なんてありません。
 
 
本来ならば当たり前に執り行われるはずの通夜や告別式もありません。
 
 
 
故人の生前を想い、あの世へと送り出してあげる時間すら与えてもらえないのです。
 
 
 
 
 
そして遺骨として戻ってきてしまうのです。
 
 
 

まとめ

最後にもう一度言います。

コロナ感染で亡くなってしまって後悔することは、最愛の人の死に目にあえず遺骨として戻ってきてしまう事実です。
危機感なく、パチンコに通ったり、マスクもせずに出歩いている全ての人にこの想いが届くことを心から願っています。
 
これでおしまいです。
 
 
タイトルとURLをコピーしました