【厳選】酒のつまみでおすすめは〇〇!【ダイエットにも良いです】

ダイエット
スポンサーリンク

【厳選】酒のつまみでおすすめは〇〇!【ダイエットにも良いです】

昔からお酒は好きなんだけど弱いみたいですぐ酔っちゃうのよね。この歳で二日酔いにはなりたくないわ。

今日はこんな悩みを解決します。

☑︎本記事の内容

  • 酒のつまみでおすすめの食べ物を紹介
  • アルコールに弱く二日酔いが心配な方におすすめです

酒に弱く二日酔いにだけはなりたくない僕が紹介します。

 

すっきり君
すっきり君

実はお酒の席で食べるおつまみを少し意識するだけで、肝臓保護や二日酔い対策になっちゃうんです。

 

スポンサーリンク

酒のつまみ!おすすめは〇〇

最初に結論から言ってしまうと、

酒の席ではトマト、ピーナッツ、モッツァレラがおすすめです。

 

それでは具体的な栄養素と効能について深掘りしてみましょう。

 

トマト

βカロチン

  • ビタミンAになる
  • 抗発癌作用
  • 免疫賦活作用
  • 髪の健康維持
  • 視力維持
  • 粘膜や皮膚の維持
  • 呼吸器の保護

 

リコピン

抗酸化作用

βカロチンやビタミンEの何倍もの効果があります。

 

 

13-oxo-ODA」というリノール酸

血糖値の減少

 

 

トマトにはアルコールを〇〇する効能がある!?

飲酒時にトマトを一緒に食べると、血中アルコール濃度が3%低下するそうです。出典:カゴメとアサヒグループホールディングスの共同研究

 

ピーナッツ

豊富なタンパク質

  • バロン、ロイシン、イソロイシン(脂肪燃焼効果)
  • アスパラギン酸(代謝促進)
  • グリシン(美肌効果)
  • トリプトファン(脳内ホルモンの素)

ビタミンB・E

  • 糖質や脂質分解
  • 抗酸化作用
  • 血行促進

豊富なミネラル

  • 貧血予防

脂質(オレイン酸とリノール酸)

  • 生活習慣病予防(中性脂肪や悪玉コレステロール抑制)

ポリフェノール(レスベラトロール)

  • 血行促進
  • 抗酸化作用

 

酒の場でピーナッツを食べると〇〇対策になる!?

ピーナッツには、肝臓の働きをサポートするメチオニンが多く含まれているので、二日酔い対策になります。

 

その他

  • ピーナッツの殻には空気清浄や消臭効果があり、様々な分野で製品化が期待されています。
  • ダイエットの空腹時にピーナッツを1日30粒までなら食べても大丈夫だよ。

 

 

モッツァレラ

エネルギー 248kcal

たんぱく質 17.5g
脂質 19.5g
炭水化物 0.5g
ナトリウム 100mg
その他カルシウム 288mg

出典:森永乳業ホームページhttps://www.morinagamilk.co.jp

低カロリーで高タンパク

高アミノ酸

  • 肝臓の解毒作用
  • アルコール濃度を下げる

 

高カルシウム

骨粗鬆症予防

 

高ビタミン

  • 脂肪燃焼効果のあるビタミンB2
  • 美容効果のあるビタミンA

 

まとめ

  • トマトに含まれるβカロチンには美容効果がある。酒とトマトには深い関係があり、アルコール濃度を下げる働きがある。
  • ピーナッツには、肝臓の働きをサポートするメチオニンが多く含まれているので、二日酔い対策になる。また、ダイエット目的なら、1日30粒までは空腹時に食べても良い。
  • モッツァレラチーズは、タンパク質と脂肪を多く含む栄養価の高い食品で、カルシウムの吸収率も高く、消化もよい。また、チーズに豊富に含まれる必須アミノ酸やビタミンB2などは、肝臓の働きをよくするため、お酒のつまみによい。注意点として、食物繊維やビタミンCなどは含まれないので、必ず野菜や果物と一緒に摂取したい。

この他にも、なめこやしじみなんかも肝臓に良かったりするのでオススメですが、正直お酒にはあまり合わないので割愛させていただきました。

これでおしまいです。

タイトルとURLをコピーしました